大切な家族の為のペット供養

お墓に入ってもらうペット供養

お墓に入ってもらうペット供養 ペットのことを大切な家族の一員だと捉える人はとても多いです。
愛情を注いで一緒に暮らすことで、生活に潤いを与えてくれます。
そんなペットが亡くなってしまった時は、きちんと供養をしてあげたいです。
ペットの遺骨を自宅などで保管されている人もいますが、やはり人間と同じようにきちんとお墓に埋葬してあげる方が自然です。
ペット供養のためのものを準備している霊園などはたくさんあります。
ペット供養専用の共同墓地や合同供養塔、庭園式の個別のものもあります。
いろいろなタイプがあるので自分たちの生活やペットの性格、どのように供養をするのがベストかをよく考えた上で選びたいです。
金額も数万円から人間のそれと同程度のものまで様々なので、この面でも家族などで検討を重ねる必要があります。
生きている間たくさんの喜びや幸せをくれたペットは、亡くなってからも心の中に生き続けます。
彼らがいたことを風化させないためにも、ペット供養はできるだけ心を込めて行いたいです。

ペット供養の際のお供えにふさわしい物は?

ペット供養の際のお供えにふさわしい物は? ペットは家族の一員…と言われるようになり、ペット供養についても多様化してきている現在、ペット専用のお墓や仏壇をお持ちの方も多いことでしょう。
ですが、その際に何を供えていいのか迷う方もおられるのではないでしょうか。
ペット霊園にお墓や仏壇を持っていて命日やお盆等にお参りに行かれるという方、ご自宅の仏壇にお骨を納めておられる方等、色々な供養の形があります。
いずれの場合も、お花・缶詰やおやつなど好きだった食べ物を供えるのが定番です。
ペット供養の際に大切なのは、家族として過ごした日々を思い出し、出会えたことに感謝する心です。
お供えはその心の現れです。ところがペット霊園等、室外にお墓がある場合は、お供えの花や食べ物をそのままにしておくとカラスをはじめとした野鳥や動物に荒らされてしまう恐れがあります。
人の場合と同じようにお下がりをいただく、ということは出来ませんが、お参りの後はなるべく持ち帰るのがマナーと言えます。

新着情報

◎2018/8/6

棺桶の種類や特徴とは
の情報を更新しました。

◎2018/6/1

お墓に入ってもらうペット供養
の情報を更新しました。

◎2018/4/3

ペット供養に必要な準備
の情報を更新しました。

◎2018/2/6

最新のペット供養事情
の情報を更新しました。

◎2017/12/1

大きめの動物のペット供養
の情報を更新しました。

◎2017/9/8

サイト公開しました

「供養 お供え」
に関連するツイート
Twitter

RT @shiba3: ちなみにご朱印の画像は、その都度私が書いたものを撮影してお渡しします。ご朱印そのものは観音さまにお供えして供養後保管しています。はがきサイズなので欲しい!という方には郵送でお送りします。

No.2の食事の実態! 彼女は? 日々、三食の食事を一食にして、 二食分を、お供えしてます! その一食を3人で分けて食べてます! その二食分は? 水子達への供養お供えにしてます! もう、それを5年やってます! 人間の身勝手な中絶、流産、死産の子供の魂を pic.twitter.com/ggSSTF0ZQd

勝った 21日終了ライプロだと読んでてタケル特効使える期間短いな…と思ってたけど、ライプロならタケルを一日中酷使した上で信玄使いの者たちは割ってこられない、これは…いける…! マラソンだったら供養して お供えはあんパン(つぶ餡)でおねがいします

ごはん炊けたのでお供えしよう🍚ところで皆さんお供えの時のご観念文って『南無下種三宝御報恩謝徳ご供養の為に』ってやつですか?Ω\ζ゜)カカンカーン

泉岳寺には、赤穂浪士の仇であった、吉良上野介を討ち取った、主君への忠誠を誓った四十七人の家臣「赤穂義士」が眠るお墓があります。今日は、お線香の火が一日消えないでいるそうです。私もご供養のお線香をお供えし、お墓参りをいたします。 pic.twitter.com/rJyQsxLxO2

返信先:@TIME221他1人 毎日のお供え物と手厚い供養のおかげですね

何が伝えたいわけでもなくただ供養がしたかっただけ(お供え物という単語を見かけて思い出した)

RT @shiba3: ちなみにご朱印の画像は、その都度私が書いたものを撮影してお渡しします。ご朱印そのものは観音さまにお供えして供養後保管しています。はがきサイズなので欲しい!という方には郵送でお送りします。

自身のルーツが眠る真鶴 龍門寺 供養にと立ち寄れば必ず お供え団子や餅を頂いて来ます。 今日は磯辺で供養します。 instagram.com/p/BrRt0m8hSbe/…

初七日や四十九日みたいな節目をつくったり、お花や故人の好きだったものを買ってきてお供えしたりすることで、行き場のない自分の気持ちの供養やお弔いをするんだ、きっと